いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今の自分と向き合う
私の部屋は極狭の部屋ではない。
そのためか、物を置く場所が捻出できるために、とても物が多い部屋となっている。
どこに何があるかは把握しているけども、さすがに整理しようという気になってきた。
この場合の整理とは、物を片付けることではなく、捨てることだ。

専業主婦でも稼げる職業として、収納アドバイザーというものがあるらしい(時給5000円って本当だろうか)が、収納は全く物が片付かない。
使わないけれど、いつか使うかもしれない物をしまい込むのが収納で、これでは整理できたと言えない。

使う物がすぐに取り出せるような収納をするには、まず、物を捨てるところから始めなければならない。

ところが、私の場合、物への思い入れが強すぎて、なかなか手放せない。
使わなくなって数年は経過しないと、洋服でも捨てられない。
洋服は2年間一度も着なければすてるべきだというが、私の場合、3年目に着る事がある。
その時着ていない物を捨てるのは爽快だけど、着たくなった時の喪失感が半端ない。
よって、捨てられずにしばらく収納してしまう癖がある。

物への執着心が薄れるのに、最低3年はかかってしまうということだ。

新たな物を加えるのに、これまた延々と悩むので、ある意味3年サイクルでいいのかもしれないが、部屋は一定以上片付かないという事態になっている。
もっと自分と向き合って、決断力を上げなければならない。

努力しよう。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。