FC2ブログ
いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”なぜ”を考えない人
別部署で起きたトラブルだが、アドバイスが欲しいという相談を受けた。
とあるトラブルが発生して、原因らしきことを別の人から言われたので、それを客に回答したいけど、それが何を言われたのかわからないから教えて欲しい、と。

ところが、私はそのシステムを担当しているわけではないので、さっぱり質問の意味がわからない。
その人から聞き取りをしても、その人自身がシステムをわかっていないため、こちらの回答に答えられない。
しょうがないから、単純に考えたことを言ってみたけど、思うような答えをあげられなかった様子。
これが私の限界だ。
システムを知らないのだから。

しかし、システムを知らなくとも、トラブルシューティングのやり方はあまり変わらない。

原因らしきことを言われた。
それがなぜ、そういう風に言われたのか。
まず、ここから考えなければならない。

この人の場合、”なぜ”がない。
言われたことを、そのまま客に回答することが仕事だと思っているから、システムを理解することなく伝えようとするから、わけのわからない相談と、不十分な回答を得るという結果になる。

どうしてこうなるのかが一番大事だと、以前この人に言ったことがあるが、結果は別方向にキレただけ。
その時点で私の中ではこの人は終了。
考える訓練を全くしてこなかった結果のこの人で、これからもそういう風に考える気がないのでキレたのだ。
残念だが、心機一転しなければ、難しい。

今いる連絡不備の若者も、この傾向がある。
作業を言い渡されたので、それを行っている。
ところが進捗を聞いても、何のためにやっているのかわからないので、全く違う答えが返ってくる。
ここで、教え方が悪いせいだ!とキレるようなら終了だけど、まだそこには至っていない。
至らせないようにするのも、年長者の義務だと思ってやっているが、恐ろしく要領が悪く、こっちがキレそうだ。

たかだが一つファイル作るのにも、理由がある。
その理由を考えることなしに、有用なファイルは作れない。
常に、なんでこうなるのか考えるようにしないと、成長しないのだ。

その点で、残念ながら相談してきた人は終わっている。
もう成長が見込めない。
でも、こちらがそう判断していることに気づいていない幸せ者だ。
だからこのまま適当にあしらっていこうと思う。

本来なら、こういうあしらい方は好きではない。
相手から聞き取ることも、自分の成長の一つになるし、その機会を逃すのは馬鹿らしい。

だが、たまには全く話ができない人もいるのだ。
そこは割り切って、接して行こうと思う。

そういう人種もいるってことで。
スポンサーサイト
コメント
同感です。
matさん

「思考の習慣」あるいは「思考の訓練」は、
生活に必要な才能と思います。

目的は情報処理で、人間も機械も、
情報で動作していると考えています。
人の気持ちは、情報の一部だと考えています。

利害が一致しないと気持ち悪いので、
仕事の効率も悪くなりますよね・・・
radish[URL] 2013/05/17(金) 00:28 [編集]
radishさん
> 「思考の習慣」あるいは「思考の訓練」は、
> 生活に必要な才能と思います。

こういう訓練はすべての人に必要だと思います。
才能だとしたら、発揮しやすい人とそうでない人と
いるとは思いますが、やって損はなさそうな気がします。
mat[URL] 2013/05/20(月) 23:21 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2018 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。