いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぐるぐると考えること
国家試験を取得する専門学校卒の友人がいつも言う事がある。
自分は大卒に比べ考え方を含めて何かが足りないのではないか、と。
これはその友人のコンプレックス。
学歴への。

同じ職場の高卒の人が言う。
自分は大卒じゃないから、と。
これもきっとコンプレックス。
学歴への。

給与や一部の優秀な大卒者に比べると、コンプレックスを抱くのも理解できなくはないけど、自分が選択した道に対し、自信を持ってほしいと密かに思っている。
だって、すべての大卒者が優秀なわけではないし、アホなことしでかしちゃう大学生も知っているし、偏差値が高くても仕事できない人もいるし、大卒だからとひとくくりにできない現実がある。

おそらくその辺の事情も彼らは解っているのかもしれないが、給与の額や考え方が、引っかかってくるのかもしれない。
スタートラインが違うから、しょうがないことではあるけどね・・・・

ただ、彼らに対し、この先大丈夫かなと思うことはある。

会社に入ったら、会社から求められている仕事をこなす作業者としての役割と、会社を維持していく会社員としての役割があると思うのだ。
職場に不満がある時は、自分のことだけを見て、作業者に徹すれば耐えていけるけど、会社としては不協和音と思うことだろう。
作業はまた別の誰かに教えることはできるけど、独りで凝り固まってしまった人は、扱いが難しい。

彼らはどちらかというと、この独りで凝り固まってしまった人なのだ。

慣れた作業は素早くこなすことができるけど、それ以外のところに全く目がむかない。
ブルーカラーの仕事をしていながら、給与の差を嘆いても、こちらとしては返す言葉がない。
そこに気付くかといえば、10年以上働いていても気づいていないようなので、厳しいのかもしれない。

人間関係に対しても、新しい人が持ち込む空気を味わうのは大切で、今まで自分が気づかなかった視点や、やり方、考え方を会得するチャンスなのに、彼らはそれを感じることができない。
できないために、どこか足踏み状態なのだ。

友人が言う”何か”は、この足踏み状態のことかもしれない。

人間という意味では、大学はいろんな人がいる。
変な人や頭良い人、今まで付き合ったことないタイプの人ともしゃべるチャンスがある。
妙に偉ぶった先生がいて、こちらの我儘は踏襲され、ざっくりと点を切られてしまう。
その中で自分のカラーを押し出して、なじんでいくということを、大学生活では自然にやってきたと思う。
私の場合、人付き合いについては、大学に行かなければ全くダメなままだったろうと思うのだ。

しかし、これは自分の考え方だし、あの頃のあの時代でなければ通用しないものかもしれない。
だけど、彼らにもっと味わってもらいたいと思う。
他人と衝突しながらも、いろんな考え方を吸収して、成長していくということを。
他人への無関心は、自分のためにもならないということを、早いうちに悟ってもらえたらいいと思う。

スポンサーサイト
コメント
ゴールデンウイーク
matさん
お元気ですか?
心配して書き込みました。
radish[URL] 2013/05/03(金) 23:30 [編集]
radishさん
ご心配おかけしましたが、元気にしています。
大丈夫ですよ!
mat[URL] 2013/05/06(月) 16:32 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。