FC2ブログ
いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
逆夢と判明
何がどうしてそういう解釈になるのかわからないが、試験に落ちる夢は吉夢なのだそうだ。
不安で気になって仕方ないからそういう夢を見るらしいが、本当に心臓にも悪ければ、精神的にも大打撃をくらう。
止めてもらいたい。。。

で、まあ、試験の結果としては、タイトル通り、逆夢となり、無事パスしました。
よござんしたよぅ、まったくもう。

初めて履歴書に書ける仕事用の資格をとりましたわ。。。
期限もないようだから、一生書けるわ。

だけど、私が準備してきた資格はこれではない。
今回取ったのは会社から取れと言われた資格で、仕事の流れを大体解ってやってる人だったら、誰でも受かると思うと判断したため、準備をせずに受けたのだ。
それ故に、絶対落とせなかったから、あの夢なのだ。。。

あー、もう、本当によかったわ!

次の資格試験に弾みをつけたいところだが、油断禁物だ。
慎重に行こう、何事も。
スポンサーサイト
コメント
耐性
matさん

試験が合格して、良かったです。

夢の機能について、仮説があります。
記憶するとき、1日の情報の仕分け。
そして、未来の出来事に対する耐性。

悪夢を繰り返し見ると、脳が飽きる状態になる。
つまり克服するまで見続ける現象。
なぜ、悪夢を繰り返すのか?

例えたら、同じ映画を繰り返し観るようなこと・・・
1回目の感動から軽減して、やがて見なくなる。
このように脳は、現実で受けるストレスを軽減するため、
あらかじめ、脳が悪夢を見せてくれる。
もし悪夢が現実になっても、ショックを和らげてくれる。

脳は耐えられても、心は耐えられない。
心へのダメージを減らすために、悪夢がある。
そう考えれば、悪夢の楽しみ方も変わるかも?
radish[URL] 2013/02/14(木) 12:41 [編集]
radishさんへ
> 夢の機能について、仮説があります。
> 記憶するとき、1日の情報の仕分け。
> そして、未来の出来事に対する耐性。

普段あまり夢を見ないのです。
見ているのかもしれないけど、覚えていない。
その中で試験に落ちる夢は痛烈でした。
そのメールを確認して内容が分かった途端、青ざめた状態で目が覚めました。
脳が耐性を作るためだろうとなんだろうと、こういう夢はもう勘弁です。。
克服するまで見続けるなんて・・・それこそ寝たくなくなります。
試験に落ちる夢を見た次の日は、他人が落下する夢でした。
とにかく、”落ちる”ことについて、バリエーション豊かに
際限してくれたみたいです。。。。

余計な機能だとしか思えませんなあ・・・
mat[URL] 2013/02/14(木) 18:52 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2018 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。