いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
硬水を飲み続けた結果
硬水を飲み始めて5か月ほどが経過しようとしている。
当初はカルシウムを補うためだったが、ここへきて、異なる良い結果が得られている。

それは、静電気がほとんど起きず、身体の表面がかさかさしなくなったということ。

今までは見事は帯電体質で、機器類を触るのに必ず放電作業をしていたが、なんと、しなくても全然平気になった(放電作業をしても帯電していない)。
本当に信じられない。
今までは放電グッズが欠かせなかったというのに。

そして、大人になったらなりがちな、いわゆる足の皮膚のかさかさがなくなった。
夏場はともかく、冬場は風呂上りにボディローションを使って、それでもかさかさしていたというのに!

考えられることは、水分が絶対的に不足しており、ついでにミネラル分も不足していたのだろうと思われる。
私の食生活では不足していたから、これだけの結果が得られたのであり、すべての人が同じ結果になるとは思えないけど、気になる人は試してみるのもいいかもしれない。

ただ、硬水は癖があるから飲みづらいと感じるかもしれない。
軟水大好きな私の友人は、コントレックスなぞまずくて飲めないと言っていたし、味が苦いという人もいた。
味が苦いと感じる人は、炭酸水であると飲めるようで、ペリエなんかは人気らしい。

私は炭酸が少なく、ミネラル分の独特の味が好みなので、天然炭酸(微炭酸よりも炭酸が少ない)のウリベートや、微炭酸のサンペレグリノの方が好きだ。
逆にペリエやヴィッテルは軟水とほぼ変わらない味がするため、たくさんは飲めない。
たくさん飲むといっても、せいぜい一日に500mlだけど、それでこれだけの結果が出るなら、これからも続けていく価値があるってもんだ。

ところで、硬水を飲むポイントは、食事と一緒にとることだ。
そうすることで体内に効果的に取り込まれることになるので、喉の渇きを癒すというよりも、食事のお供にした方がいい。
一日2リットルも飲めないし、少量を効率的に利用する方が、家計にも優しいってもんだよね。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。