いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちっちゃな幸せで大いに結構
幸運の印が得られた時、私はスーパーで美味しい食べ物に出会えること、犬が粗相もせずに留守番していることを望んだが、彼の人は次のような言葉で一蹴した。

”ちっちゃ!”

この人とは性格が真反対に近いため、友達にもなれそうにないのだから、こういう答えでも当然と言うべきなのだろう。
嫌な突っ込みするなあと思いつつ、私はちっちゃな幸せで十分幸せなのだけど、ではあなたは何を望むかと問うたところ、答えが返ってこなかった。

ゴージャスな住処、きらびやかな環境、選びたい放題の洋服、欲しいだけ洋服を買える資金力。

よくそんなことを望んでいると日々話していたから、そういう答えが返ってくるのだと思っていたが、私があまりにもちっぽけな望みだったから、話す気がなくなったのかもしれない。
それはともかく、本気でそういう生活を望むなら、もっと別のところに力を入れた方がいいと思うのだけど、そうせずに、ただ、今現在がそうでないことを悲観するだけなのだ。

確かに、持って生まれた物がなければ、上記のような望みは悲観するだけで終わるだろうと思う。
そして、人を羨むフェーズへと移るのだ。

他人と比べる必要はないだろうに、何でそんな無駄なことを思うのか。

私にも物欲がないわけではない。
欲しいものはある。
私が欲しいと思ったものを他人が持っていたら、使い心地を聞いて、良さそうなら自分もいつか購入しようと思う。
あの人があんなのを持っていて羨ましい、とは思えない。
タイミングが来るまでいつまでも待ち続ける。

私は他人の状況にあんまり興味がないんだよね。

物事はすべてが一長一短であることを知っているし、自分は今でも十分幸せだと思っているしね。

だから、彼の人は不幸だろうなと思う。
幸せのハードルが高いし、それに見合うだけの自分を持っていないと、日々悲観して。
植物でもペットでも育ててみたらいいと思うけど、世の中に対して悲観する年頃なのかもしれないから、それが早く過ぎ去るといいね。

なんというか、悲観さをアピールしても、幸せはやってこないのだよ。

きっと、今の現状に甘んじることと、幸せを感じることを勘違いしているのだね。

多くの人は現状には満足していない。
だけど、日々幸せを感じることがあるから、生きていける。
そんなもんだと思うよ。
スポンサーサイト
コメント
同感です
matさん

同感です。
小さなハードルも超えられない人が、
大きなハードルは無理です。
幸せも、小さな積み重ねだと考えています。
無いモノを、求めても得られません。

それができない人は、
欲求不満で自滅するかもしれません。
radish[URL] 2013/02/01(金) 22:28 [編集]
radishさんへ
> それができない人は、
> 欲求不満で自滅するかもしれません。

自滅傾向ですね、彼の人は。
思ったものが得られなくて、自分を卑下する傾向に
あるように見えます。
私がそう見えるだけで、本人はそうでもないという
可能性もありますけどね。
mat[URL] 2013/02/03(日) 22:37 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。