いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
繊細過ぎるのか?
この世にはどうやっても変えられない事ってのがたくさんある。
今私がぶつかっているのは、年齢と性別。

どうしようもない。
若くもなれないし、男にもなれない。

こんなどうしようもないことについて、”もう女性はいいわ””若いのがいいわ”なんて言われると、どうしようもなく落ち込んでしまう。
別に、私についてダメ出しされたわけではないのだけど、私は女性な上に年いってるんだよね・・・と考えてしまって、気分が重い。
気分は重いが、それを笑い飛ばすくらいの対応ができないわけではない。

今のところ、大したトラブルもなく、順調に作業を覚えていっているし、こなしていると思う。
だが、そう思っているのが私だけだとしたら、と、ああいう発言を聞いたら考えずにはいられない。

多分、私のことを、一般的な、女性で年齢が高いという人物としてないからこそ、目の前の該当する人を無視した発言が出てくるのだろうとは思うが、やっぱり真意がわからないから、こっそり落ち込む。
また職探しの日々がやってくるのかと思うと、本当に憂えてしまう。

今日は忙しかったのだ。
やることが次から次へと発生し、電話もひっきりなしにかかってきて、私は私が今完璧にやれることをやりつくした。
それなのに、そういう発言を仕事終了間際に聞いてしまうと、今日一日の達成感が吹っ飛んでしまう。

きっと私が繊細過ぎるのだろう。

そもそも私をダメ出しするなら、作業を教え込まれることもないだろうから、そんな発言は無視して受け流せばいいのだろうが、この職場に決まるまで期間が空いたことや、他にいい職場も見つからなかったことから、不安が渦巻いてしまう。
年齢がいくと、ダメなら次があるさ~と開き直りにくいので、さらに不安が倍増。

とりあえず、後1か月で資格だけとってしまって、次を視野に入れつつ活動再開ってことにしたがいいのかもしれない。
5年間くらいここにいられればいいなあと思っていたけど、それが早まっただけだと思って、今できることをがんばって吸収しようと思う。

次に役立たせるために、今がんばらなきゃなあ。
あーあ、人の応援なんてしてる場合じゃなくなったね。。。。
スポンサーサイト
コメント
中々変わらない雇用慣行
若い女性偏重主義の考え方を相変わらず
変えない日本社会。

察するにブログ主さんはかなり仕事の出来る
方とお見受けしていますので、そういう方には
そういう発言に敏感なのは至極当然な
ことだと思います。

まだまだ根深いですね。なかなか変わる気配の
ない日本、ですね
フウ[URL] 2013/01/16(水) 21:28 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2013/01/16(水) 23:22 [編集]
フウさんへ
> まだまだ根深いですね。なかなか変わる気配の
> ない日本、ですね

根深いですね。年齢に対する問題は。
派遣も20代までしかとってくれないと、派遣会社の人に言われました。
専門事務の派遣の話かもしれませんが。

年齢に関しては男性も同じですよね。
年がいくと雇いづらくなる・・・
年功序列賃金が邪魔しているのでしょうが、年下の上司に対し、
プライドが邪魔する例もあって、なかなか再就職は難しいと・・・

私は年齢なんぞどうでもいいです。
年下から教わるのも気になりませんが、中にはそれが嫌な人もいるみたいです。
年下の人は年上の人に教えにくいこともあるようです。

今回の発言の大元は、非常に使えない女性の話題から出てきたものですが、
”女性はもういい”と言わしめたのが、とても残念です。
同じ女性として。
性別という大枠で区切られてしまうと、太刀打ちできません。
ため息です。。
mat[URL] 2013/01/17(木) 21:28 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。