いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
資質の違い
今までやってきた仕事が何であろうが、押さえるポイントがすぐに理解できる人と、そうでない人がいる。

依頼事項は、簡潔にしか述べられないけど、どうしてそのポイントだけを確認すれば大丈夫なのか、それを常に考えながら動いてやらないと、言われたままやり、何も得ないで終わってしまう。
例え半年でも1年でも同じ仕事をしてきても、仕事をまかせられるようには成長しない。
作業効率は悪くなるし、手際はど素人だし、問い合わせにも答えられない。

だが、こういうことを考えないでやれるような仕事もある。
一切自分の判断を挟まずにやれるような仕事もある。
昔、日雇いで洋服のタグつけをやった時がそうだった。
何も考えない。
ただ、同じ作業を黙々とやり、出された指示通りの事以外やってはならない仕事だ。
それがきちっとできる人は、その仕事のプロフェッショナルだと思う。

最終的には、向き不向きの話で終了してしまうのかもしれないけど、私はいちいち確認を取らずに、ささっとやってしまうようなところがあるので、ダメなのだ。
今回の仕事は、指示待ちでやるような面が多いため、未経験者でもやってけるのだが、どうにもまどろっこしくてダメなのだ。
特に、確認手順が明らかな作業の場合、確認指示を待てない。
自分の判断でやってしまい、結果を報告して指示を仰ぐというやり方を選択してしまう。
これも、ベテランならこれでいいのだろうけど、経験の浅い素人がやることじゃない。
(いや、全くの素人じゃないけど、まだ未知の部分の多い作業があるってことで)

反省だ。
私は今回の事を深く反省し、明日の作業へとつなげよう。

そして、指示待ち作業のみしかできない作業者には、同じく考えてもらいたい。
今までの経験もあるかもしれないが、この仕事については日が浅い私が、どうしてさっさと動けるのかを。

作業をいちいちなんでやってるのか考えているから、さっさと動けるのだ。
依頼を受けたら、どうしてこれを確認するのかを考えてから動くから、早いのだ。

私と関わったことで、気づけるといいねえ。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。