いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
故郷とは遠きにありて思う物
仕事がもうじき始まる。
その準備をしなければならないが、初めての職場であることだし、正月に帰れるかどうかわからないため、この無職の待機期間を利用して実家に帰る事にした。
地元の友達はほとんど交流がないため、特に会う人もおらず、両親に世話してもらうために戻ったようなものだ。。
いい年してねえ・・・・

しかし、両親を見て思うのは、老人が元気だということだ。
多少の身体の不具合は出てきているけど、気も若く、何かをしようとする意欲もあり、しっかり歩き、人生をめいっぱい楽しんでいるようで、とてもよい。
好きなだけ楽しんでくれと、心の底から思うのだ。

私も人生を楽しんでいる。
本を読むのも、美味しいものに巡り合えた時も、犬と歩くときもみんな楽しい。
解りやすい幸せを提供できなくて申し訳ないとは思うが、後悔はない。
なるべくしてなってると思うもの。

人と比べて歩みが鈍いけど、微妙に前進していると思う今日この頃。
さて、次の職場に向けて、最後の追い込みでもしようと思う。
中年でも使えるという評価をもらうためにね。

がんばろう!
スポンサーサイト
コメント
気分転換
matさん

人生に苦痛を感じることも
人生に幸福を感じることも
自分の思考だと思います。
考えを切り替えて、人生を味わうことができれば、
楽しめると信じています。

radishも苦しい時は、考えや環境を変えて、乗り越えています。
matさんも、良い気分転換が、できるといいですね。
radish[URL] 2012/11/18(日) 03:25 [編集]
radishさん
御蔭様で気分転換できました。
しかし、普段誰ともしゃべらない生活を送っていたので、
たくさん考える時間があったのですが、誰かと過ごすと、
黙っている時間というのは圧倒的に少なく、従って、
考える時間もなく、時間は恐ろしい勢いで過ぎていきました。
家族で暮らしている人というのは、日々こういう感じなのでしょうかね。

余計な事を考える暇もないというのは、ある意味幸せで、
ある意味不幸です。
でも、家族のために稼ぐということは、何も考えずに稼ぐことだけを
考えていればいいということがよくわかりました。
世の大黒柱が強いわけです!
mat[URL] 2012/11/20(火) 12:44 [編集]
仕事前の自由時間
ミーも製造派遣をしていたころ、次の仕事が始まるまでの
間の待機期間を利用して実家へ帰っていました。

というか、仕事をライフスタイルや景況に合わせて
変えるブログ主さんのスタイルこそ、通常な働き
だと思います

高度経済成長期のような終身雇用を維持する
ことは不可能なのですから、当時が異常で
今が正常になったのではなかろうかと

次の仕事に向けての自己啓発がんばってください
フウ[URL] 2012/11/20(火) 20:10 [編集]
フウさん
励ましをありがとうございます。

もう今までみたいな高度経済成長期はやってこないでしょうね。
氷河期世代はそれを期待するのを止めた人と、そうでない人と
半々な気がします。
若者世代は最初から期待してない気がします。

一日30分こっきりで続けてきた勉強で、次への仕事になじみがでてきました。
しかし、働き始めるかと思うと、妙に緊張してきました。
まずは初日、遅刻しないようにしないと!
ははは。
mat[URL] 2012/11/23(金) 13:02 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。