いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スカウトメール
例の口入屋の話はひとまず置いておく。

スカウトメールが来たのだ。

就職活動をしているから、あちこちの転職サイトに登録をしている。
そこにスカウト機能というのがついているわけだが、何の冗談か、前の現場の会社からスカウトメールが届いた。

バッカじゃね~~~~~~

と私が大声で言ったことは、容易にご想像いただけるかと思う。

企業がスカウトする時は、経歴と年齢、性別くらいしか判断材料にないので、以前働いていた人にメールが行ってしまうのも、ある意味しかたないのかもしれない。
金額面などの待遇は、何も知らなければ良いと思われるが、あいつらと働くには安すぎる。
散々現場の派遣らにアドバイスをされながら、ことごとく無視して現場を炎上させて、客に怒られ、安かろう悪かろうを実践してしまったやつらと、なぜ、再び働く気が起きるというのか!
まったく、教えて欲しいものだ。

もう二度とあいつらと働く気はない。
ちょいと使える人であれば、誰でもそう思うだろう。
間違いない。

しかし、こんなメールが来るということは、それなりに繁盛しているのか、使える人が辞めちゃったのか、どうも後者な気はするが、まだ潰れてないってことに関心した。
IT企業の社員だった頃は、孫請け、ひ孫請けだったけども、ここは母体が大きな会社の子会社なので、二次請けだろうと思う。
あの頃だったら、喜んでこの会社のスカウトを受けたろうと思うけど、現状を知った今では有りえないわ。

本音は、どこかの正社員になって請負やって、チームで若い人を育てていきたいとは思うんだけど、時代が許さないね。
育てる余裕が企業にないから、自分も余裕がない。
つくづく、就職氷河期に日本企業が失ったものはでかかったと思うよ。
子供も、未来も、な。

というわけで、この会社とは縁を結ぶ気はない。
通勤時間30分の、近所の口入屋の案件成立を待つ!!
スポンサーサイト
コメント
無茶苦茶すぎる
matさん

そんなスカウトメールが届くことがあるんですね。
ありえない事を、現実に体験して、苦しいと思います。

radishも記事を読んでて
「バカにしてる~」と歯ぎしりしました。

radishも時代に見放されたと思うことがあります。
でも、時代のおかげで便利な時代を、
生きられることに感謝もしています。
radish[URL] 2012/09/20(木) 16:38 [編集]
radishさん
> そんなスカウトメールが届くことがあるんですね。

技術職だと大いにありうるかと・・・・
欲しいのはその人の持つ経験値ですからねえ。
合致すれば速攻で使えるわけで、育てる手間もいらないので利用価値があるのですよ。
(嫌な言い方ですが)

> ありえない事を、現実に体験して、苦しいと思います。

いやいや、ば~~~か、とバカにしてますよ(笑)

> でも、時代のおかげで便利な時代を、
> 生きられることに感謝もしています。

この時代に生まれたのも運ですね。
いいんだか悪いんだか、ですよ。
きっといつの時代でもこういう事言ってる人はたくさんいたろうと思います。
人間はつくづく変わらないですよ~

mat[URL] 2012/09/21(金) 22:41 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。