いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうしても納得できないこと
いつも利用しているキャンプ場だが、利用料金を倍にしますという通知がいきなりきた。
それに対し、どうしようもなく納得がいかない。
設備は恐ろしく乏しいキャンプ場なのだけど、犬を連れて行くのに都合がよくて、今まで利用していたのだ。
それが、犬は家族だから、子供扱いだから、子供料金も支払えとの理屈。

犬は犬だろう。

どうしたら子供になるんだろう?

小学校もなければ、子供手当もなく、事故にあったら物が壊れた、程度の扱いで、なぜ子供?

単なる利用料金値上げの言い訳だと思っても、納得がいかない。
犬料金作れって思う。

ただ、こういうところの利用料金って、使い続けるものじゃないから、止めたいならいつでもどうぞなのだ。
納得いかなければ支払わなくて結構。支払わないアンタは客じゃないのだから口出すな。
そう感じてしまう。

しかも、このキャンプ場、一度利用するのを止めますと言ったが最後、次は順番待ちとなってしまい、気軽に止めることができない。
使い続けることに対し、強迫されており、使い続けるかそうでないかの二択しかなくて、ものすごく納得がいかない。
値上げする前に値上げしないための努力をしたかと問いたいが、使い続けることを宣言した後でなければその権利もなく、何もかもが一方的な仕打ちで、全く納得できない。
こういう苦情は消費者生活センターに言えるのだろうか?

犬もそうだけど、キャンプなんて生きて行く上で必ず必要なもんじゃない。
納得いかなきゃ止めればいい物。
そうわかっているからこそ、納得のいく状態で使い続けたい。

納得のいく説明が欲しい。
ただ、それだけなのだ。

スポンサーサイト
承認なんている?
これは性格に依るところが大きいのだろうと思う。
誰かに何かを発信したら、その返信が欲しいと思うのは当たり前だと思うのだけど、相手からの承認を求めるようになると、苦しくなってくるかもしれない。

久々に職場での飲み会があって、普段話をしない人と話す機会があった。
酔っている人の発言というのは、かなり厳しいものがある。
そういう人は、素面でもきっと厳しいのだろうけど、自分より厳しい意見を吐く人がいて、新鮮だった。

その人には子供がいるのだけど、子供を持つことの素晴らしさを大いに語っていたが、持たないと決めた人の前ではただの自分に酔った発言でしかない。
いろんな理由があって、そう決めているというところには、思いが寄らないのだと思う。
子供を持つというのは、女性にとってはかなりセンシティブな話題で、触れてほしくない人もいると思う。

うちには犬がいて、うちの犬はあくまで犬でしかないけど、子供のいない夫婦にとっては、犬が子供の代わりという場合もあり、犬飼い同士において、子供のことはあまり話題にのらない。
何で子供を持たずに犬飼ってるなんて話にもならないし、子供を持つことの素晴らしさを語る人もいない。

要するにコミュニティーの所属の違いなのだろうけど、その人との共通の話題がなくて困った。
その人の子供がどうなろうと、どーでもいいのだもの。。。。。
自分の子供を持つことが、私のこの先の目標とも思えないのだもの。。。。。

その人は、子供を持って、愛情を一心に受けることが何よりの喜びだと言っていた。
それと同じと思われるものを、私は毎日毎日犬から受け取っていて、過不足ない。
いくら子供のことを熱く語られても、素通りしてしまう。

私はこの人に承認を与えてあげられない。

だが、他人からの承認なんて必要だろうか?
私やその人が今そこに存在してるってだけでいいんじゃないだろうか。

酒の席が面倒なのは、他人からの承認を得たい人が、自分語りを始めることだ。
はっきりいって、楽しくない。
そんなものどうでもいい。

そうか、私、そういうのをどうでもいいって思う人だから、今、こんなんなんだわ。

ふむ、それに気づくことができたなら、飲み会も全くムダってわけではなさそうだ。
質が落ちたと言われても。
何やら、陰で、この現場の質が落ちたと言われているらしい。
ベテランが昨年辞めて以来、そう感じる事が多くなったけど、自分には関係ないわと思って黙ってた。
自分が迷惑被るようなことは避けたいけど、所詮はベテランを繋ぎとめられない程度の会社なのでいたしかたない。

まず、質が落ちた原因の一つは、ベテランがいないせいだ。
そして、バイトすらしたことない新入社員が入ってきたせいだ。

初めて社会で働く時、必死にやってたとしてもいろいろやるべきことが抜け落ちていて、後から反省することが多いのは理解できる。
だから経験を積むまで待つしかないことは、よく理解できる。
だが、少人数で物事をこなそうという現場において、未経験者は完全にノーカウントだ。

それでも何とかなるだろうとしてやってきて、結果、質が落ちた、という評価。

そういう評価になったのを、自分らの責任にしないでいただきたい。
こうなるのが解っていただろう?
この上、また来年度未経験者がやってくる。
ベテランとは言い難い奴と入れ替えに。
そして私がベテランになってしまうのだ。ありえない。

素人ばっかりにしたいその理由がわからない。
長くいる現場じゃないってことを言いたいのか、素人でもなんとかやれますと言いたいのか、どこに真意はあるのだろうか。
営業に聞いても答えが返ってこない。
何も考えずにこうなってしまいましたー、で終わるのかな。

私と同じ立場の人に話を聞くと、自分はさっさと辞めるよーという答えしか返ってこない。
たまにはそれ以外の答えも聞きたいものだ。
Copyright © 2017 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。