いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »03
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽しい気分であるために
仕事が楽しくできれば、職場で過ごす時間がムダにならなくていいのだけど、なかなかそういう仕事に就くのは難しい。
なぜなら、楽しいはずの作業を仕事にした時点で、利益を出す、事に重きが置かれ、いろいろ妥協しなければならなくなるからだ。
仕事とは食い扶持を稼ぐことなので、ボランティアをやってはいけないのだ。

解ってはいるのだけど、貧乏性の私はそれができない。

自家用車を使って夜間作業に行ってしまったり、作業時間を考えない作品を作って、それを安い値段で売ってしまったりするのだ。。。。

職場への自家用車については、通勤時に事故でも起こしてしまった場合、労災もおりず、後々処理が大変になるので絶対してはならないのだけど、この職場の上司がそれを自らやっており、暗黙の強要で私も右に倣えになってしまっているのだ。
威圧コーチ系なので、逆らうことは今後の動向に関わってくるため、yesマンで右に倣えがこの人への正しい対処法なのだけど、最近うんざり感が増しに増しているので、いっちょ逆らっておくことにしよう・・・・って!!
労働法を守っているだけなんだけど!!!

このところ、日本語しゃべれ的なからかいはなくなったのだけど、イライラすることが多くなった。
顔も声も口も利きたくないくらい、嫌になっている。
それでもまだ通い続けているのは、他に適当な仕事が見つからないからだ。
それに、席替えをした時点で、上司と席が離れたので、相手しなくても済むようになったからだ。

でも、それでも衝突する。

うーんざり。

帰れば犬との楽しい生活が待っているのに、ここ最近嫌嫌感情が渦巻いて離れない。

思えばそうなってからの私はどんどん崩れていく一方だった。
今まではそうだったけど、もうそろそろ他人をあきらめるフェーズに入ってるはずで、この上司もうまく無視できるようになるかもしれない。

最近自分のやりたい作業はストップしている。
他に楽しいことを見つけたというのもあるが、アイディアがスタックしているのが原因だ。
そこが流れれば、また動くだろう。
作業については、焦りは禁物。
一生をかけてやればいいのだから、慌てなくていい。

自分にそう言い聞かせて、今日も一日が終わろうとしている。
楽しくあるために、丁寧に一日を終わらせよう。
スポンサーサイト
Copyright © 2017 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。