いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見通しの甘さ
今週が忙しくなるであろうことは、かなり前から解っていた。
予定されているいろいろな作業が重なっており、そこへ臨時の作業が飛び込んで来たら、パンクするのが解っていた。
だが、そんなことはないと一蹴されたので、私の杞憂だろうと思っていたが、蓋を開ければもう大変。
昼休みも勝手に予定を入れられ、時間限定の作業を振られ、全員が大忙しで、それなのに複数名で休みの予定を入れるって。。。。
バカなんだろうか?

私はこういうのが好きではない。
ある程度計画を立てておかないと、効率よく動けないからだ。
好みというよりは、私自身の問題点なのかもしれない。

見通しが甘いと思うのだけど、何でも片っ端からやっていけばいいと思っている現場では、私のような考え方は異質で、こうやって進めていく上司を誰も止めることができない。
嫌になったら辞めていくだけ。
上司以外のベテランが居つかない理由はこれだ・・・・
そして、これをヨシとしているので、当然ながら改善するわけがない(改善すべき問題とも思ってない)。

ベテランが辞めていくのって、上司の立場からすると、手をかけた人が辞めるのだから裏切られた感すらあるような気がするが、辞めたいなら辞めてください、止めませんから、と最初に言われているので、その思いすらないのだと思う。
実際に、ベテランが辞めるって時にも引き留めませんでしたと、当人も言っていた。
何度も、繰り返し、言っていた。

私はもったいないと思う。
何でそう簡単に育った人を手放してしまうのか、わからん。
この人が、人員は簡単に代替えできるパーツだとみなしているのは知っているけど、それを全面に出すのは、一体何のメリットがあるのだろうか?
自己都合の短期間で辞めて欲しいという思いでもあるのだろうか?

上司の言動や態度を見ていると、ただひたすら自分の処遇だけに注目することを許可されているようなので、組織としてはとても弱いと思う。
それは会社としての弱みだろうし、改善していった方が良いような気もするが、そんな出過ぎた真似をしてはならない。
なんといっても、私はいつでも辞めてくれてよい人材なのだから。
スポンサーサイト
自己満足
仕事をやる上で、自分はここまでやりたいという欲求が誰しもあると思う。
それはここまでやれればいいという満足感のためなのだけど、費用対効果を考える上で、自己満足な仕事には金は払えないというのが現状だ。

私も思い当たる節があって、働き始めたころはそれがわからなくて、周りに不満を抱いたことがある。
報告ファイル一つとっても、過剰なまでの見やすさを提供したりして、そのために残業はしなかったけども、こだわっていたことがあった。
一方で、効率的に動くことも考えていたため、こういう考え方の癖は次第に収まっていったけれど、ちょうどこの段階にいる若者が同じ部署にいる。

夜間の呼び出しに対し、終電がなくなってでも対応しようとするのだ。

それが急ぎかどうかは関係なく、自分が対応したいから、その日ある作業をすべて終わらせ、自分がすっきりしたいからやりたいとのこと。

こう主張するのに対し、急ぎかどうか、終電を逃して自宅までタクシー(会社払いだ)を使うべきなのかを判断しろと言ったが、すっきりしたいの一点張り。

思えばこの若者は、家では資格勉強ができないからといって、遅くまで会社に残っており、その間仕事をすることもなく、たった一人のために会社の設備を使うのは、ただのどろぼーのような気がしてならない。
当然、私は経営者でもなんでもないし、上司ってわけでもないから何も言わないけれど、節電に勤めましょうという会社の趣旨からは、全くもって外れている。

そもそも、上司自らが家では勉強できないから会社に残って勉強したことを自慢げに話しているので、この若者の行動を諌めるわけもない。
そういう雰囲気の職場だということなので、それまでだ。

ただ、この考え方がおそろしく男性ぽくて私の神経を逆なでする。

専業主婦の奥さん、両親が衣食住を用意してくれる環境に住んでいるからこうなんだ、と。
この人らは生活のすべてを他人に預け、自分は仕事のことだけを考えればいいからこうなんだ、と。

不完全でアンバランス。

思うに、両名とも生活できてない人生を送っているから、節電の意識もないし、効率よく動くことも考えられないのではないだろうか。

で、この上司の最近の口癖は、なんかおもしろいことないか、だ。

んなもん自分で探せ!
本当に鬱陶しいわっ!!!
世の夫とはこういう感覚なのか
以前ここに書いたこともあるが、新しい部署へ異動した奴と再会する機会があった。
相変わらずの感じで、私が変わらないように、この人ももはや変わらないのだろう。
実は新しい部署から別の部署へと回されていたのだ。
愛想をつかされ別のところへという流れは、この人の職歴が示すように、全く同じ履歴を辿っている。
でも、今度回されたところには食らいつきたいようで、辞める気は全くない!と豪語している。
その意気だけはりっぱだ。

だが、仕事の話を聞いていると、この人、無理。な感じが漂ってくる。
話を聞けば聞くほど、その人の話しか聞いていないにも関わらず、おそらく今いる部署の人らもそういう風に思っているのだろうと推測できる。

それでも互いに誤解している部分があるだろうと、見方を変えてみたら、別のアプローチをしてみたら、と話をふってみたが、それでは自分がついて行けないという答えだけが返ってくる。

”この仕事本当に向いてないねえ”

心の中で思いつつ、また別のやり口を振ってみるが、全く話は進まない。

それもそのはずで、この人はただ単に愚痴を”言いたい”だけだったのだ。
解決策なんて何も求めていない。
ただ、自分が今こういう立場で、どうしようもないけどどうにかがんばっているのだと、ただ、そう言いたかっただけだったのだ。

だが、私がそういう状態であるというのを全く読み取れなかったため、世の夫が妻にうんざりするのと同じように、その人に対してうんざり感を抱いてしまった。

私もブログや友人に愚痴っているので、その人の気持ちはわかる。
どうしようもないけど、誰かに何かを言いたい時がある。

でも、相手を選ぶ。

同僚というのは、友人ではない。
同僚の中に友人ができることはあっても、あまり近い立場にいると、今後の対応で支障が出るかもしれないので、愚痴にはしない。
相談として話を振る。
仕事仲間であって、友人でないのだから、私の暗黒面を受け止める義理はない。
だから、この人のように、同僚の中で盛大に愚痴るというのは、自分はバカ、仕事はできません!をアピールしているようなもんで、この先の自分の印象を貶める一方だと思う。

しかし、自分を貶めていると判断しているのは、私サイドの人たちだけであって、当人はどうとも思っていないのだから、別に問題はない。
いくらバカにされていようが、へこたれないのがこの人らの特徴だと思う。
ある意味、羨ましい。

だが、こういう相手と結婚した世の中の配偶者は大変だろう。
話を聞かないと怒り狂う妻、話に内容がないとあきれる夫という構図は、あながちウソではない。
そして、こういう人が相当な数存在するというのも、私は友人が少ないけれど、その人に友人が多いことから推測できる。

私のような人は、相手が相談しているのか、ただ聞いて欲しいのかを判断するのが鈍いのだ。
同僚だから相談、というのは私の勝手な指標で、今回の再会はいい判断材料だったと思う。
相手にしないという選択肢が一つ、私の中に生まれた。

でも、正直に言うと、大人数の中の一人として会うのも面倒な相手だが、対処方法がわかっただけでヨシとする。
これもまた法律・・・・
このところ、休日の呼び出し、深夜残業が多発している。
繁忙期以外残業もあまりない勤務だし、勤務場所は近いし、人間関係はパーフェクトとは言えないが、納得できる範囲で、下手なことをつついて自分を落としたくないため、深夜残業やら休日の呼び出しについてはしょうがないと納得させようとしていた。

だが、そういう法的根拠のない、個人の思うところによるものなんかで、私が納得できるわけがない。。。
そこで、休日の呼び出しやら、深夜残業の手当てなどについて調べてみた。

まず、休日の呼び出しについて、それが法定外休日か、法定内休日かで扱いが異なってくる。
法定外休日の場合は、週40時間を超えた分が時間外勤務となる。
別に休日を与える必要はない。

法定内休日の場合は、例えそれが1時間であろうとも、労働したことになるので、代休を設定しなければならず、休日の割り増しが必要となる。
あらかじめ休日を振り替えておけば、それは休日の変更なので、割り増し無し。

次に深夜残業についてだが、一日の残業時間の制限がない。
36協定で延長時間の締結があるのだが、締結がなかろうとも、延長時間の設定がなかろうとも、残業は次の日の勤務開始時間まで行っても可能で、例え勤務が連続になろうとも、8時間勤務のうち1時間の休憩時間さえ設ければ構わないことになっている。
ただし、1週間で15時間などの制限はついているので、1か月で3日徹夜すると法律的には引っかかってくる。

この場合の労働者のインセンティブは深夜残業代なのだが、これが見込み残業代で支払われている場合、その金額を超えなければ割り増し手当がいらない。
深夜残業代は割増率が高いのだが、基本給が低く抑えられていれば、ほぼ超えることがない。
そのため、基本給を安くして、見込み残業代を多めに支払うことで、割り増し料金無しにできるのだ。

よく考えてる・・・

法は守っているのでブラック企業ではないのだろうが、萎える企業だ。
だが、最初に書いたように、適当な面が多いためこれを原因として辞める気力は湧かない。

湧かないけれど、周りの人へのギスギスが発生する。

つまり、何で自分ばっかり?という奴だ。

このところずっと私一人ですべての対応をしており、疲れてきた。
例え家が遠かろうが、交通費がかかろうが、他の奴でもできるような対応を、私一人でやる必要はないのではないかと思うようになってきた。
近隣の人だけで対応したいのならば、そういう人だけ雇って欲しいところだが、そこは条件を合わせるのが非常に難しいとは思う・・・・

でも、私は疲れてきた。
だから、早朝から事業所を何か所も回るようなスケジュールを組もうとする奴に、NOを言ってしまった。
他にも回れる人がいるのだから、複数個所あるなら他の人へも頼んで欲しいと。

だが、答えはできないなら全部しなくていいって・・・・
All or Nothing理論らしい。。。

そういわれると、何だか自分がすごい我儘を言っている気になり、全部やりますと撤回する羽目になってしまった。。。。。

そういわせる作戦か?
乗る以外にないところが痛い。。。

と言う訳で、今週もまた休日勤務です。。
Copyright © 2017 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。