いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5年後、10年後
週刊誌というのは、衝撃を誘うような題や話題を記事にすることが多く、眉唾なものが多い。
今回も本当かどうかよくわからない。だけど、不安だけを冗長するような記事があった。
アラフォーリーマンは10年後は最も使えない存在になるというものだ。

どういうアラフォーリーマンなのかにもよるが、人材=コストパフォーマンスで考えると、一番不利な立場になるのかもしれない。
しかし、こういう状況は今でも全く変わらず、今の40代後半から50代で、リストラ対象になっている人は多いはずだ。
つまり、何を今更?な記事なのだ。

アラフォーリーマンの一人としては、今の経済状況においても、コスパが良いから雇われているのだから、今後も同じ状況で据え置かれて、雇用が続くのではないだろうかと思っている。
楽観的だろうか。

それよりも、長年勤め続けている人がいるような会社であることの方に注目してもらいたい。
そういう会社って、意外に優秀なんじゃないかと思うのだ。

IT系の会社だといつまでも居続けるのは社長くらいで、営業から事務から、社員から、どんどこ入れ替わるため、会社のノウハウが全くたまらず、優秀な人はさっさと転職し、そうでない人は辞めていくのが普通だからだ。

ノウハウがいらない仕事なんてないと思っているのだけど、それを簡単に手放してしまえるタイプの管理者がいるところは厳しい。
人との信頼関係もあるだろうに、それを一方的に捨て去るのを惜しいと思わないのだ。

こういう人は、本当にマネジメントに向いてないと思うのだけど、それでヨシとされてきているからつくづく末期だなあと思う。

そんな中で、人を簡単に手放さない会社は、型にはまることがない柔軟な方針を持っているのだろうし、10年後と言わず、今後も順調に経営し続けることができるのではないかと思う。

今の会社の管理者だが、私のような立場の人間は横のつながりが割と強いため、裏では情報交換を頻繁に行っているのだけど、そこで出る結論は、”蔑にされている”感があるというものだ。
MAX3年以上続く人がいないわけが、ここにある。

管理者の立場になったら、そういうところを考えていかないといけないだろうに、なぜだか管理者も横並びな立場で発言するから、たちが悪い。
この管理者が、果たしてどれくらい人事権を持っているのかわからないだけに、しっかり口をつぐんで、辞める準備を怠らず勤め続けなくてはならず、とても不安定。
つまり、この管理者は信用ならない人物ということだ。
ドラッカー的に言うならば、信頼関係が保てない関係では、最高のパフォーマンスを発揮できない、会社だ。

会社に人を惹きつけておくのは、実はとても難しい。
今までは会社が家族を丸抱えして、惹きつけておけたけど、それが崩壊してからは、人との信頼も崩壊した。

人が最大の資源の国は、これからどうしていくのだろうか。

もう前の時代には戻れない。

次の時代のために、私たちは知恵を絞らなければならない。

その時がやってきている。
スポンサーサイト
プロパンガス
プロパンガスは、都市ガスと違って定価がない。
ガス会社は自分の好きな価格で、ガスを売りつけることができる。

今の今まで、私はこのことを知らなかった。

今住んでいる場所は、数度の引っ越しを経て見つけたところなのだが、入居した時からガス代がものすごく高かった。
だが、賃貸では何もかもが受け身のままでなければならない。
だから、しょうがなく支払ってきた。
途中で何度も値上げがあり、そのたびにしょうがないと思ってきた。

しかし、もう我慢の限界である。

1立方メートルあたり、1000円の価格はありえない。

風呂を溜めることもなく、シャワーでしのぎ、限界の低温で使用し、レンジでは絶対お湯を沸かさず、今まで節約してきた。
それでも5~6千円は珍しくない。

ガスを使用することに限界だった。

そんな中、とあるガスの営業が訪問しにきた。
ガス代が高くありませんか?と。

私はそれに飛びついた。
なぜなら、ガス代が今までの半分になるからだ。
営業に交渉の仕方を教えてもらい、とっととガス会社を変えてもらうべく、動いた。

そうしたら、既存のガス会社から連絡が。

”ガス代を下げます”

価格を見てびっくりだ。
ガス屋の営業が提示した価格とほぼ同じ。

怒り心頭。

一体今まではなんだったんだ?
何のために節約してきたんだ?
ただのバカじゃないか!!

これから下がるならいいじゃないかとは、とても思えない。
信頼をすべて失った。

世の中は、黙っている奴らから、抵抗できない奴らからは搾取しまくる。
絶対信用するな!
すべてを疑ってかかれ!

この話を大家をやっている知り合いに話したところ、下げてきた金額でも、まだ高いと。

怒り倍増。

もうこのガス会社は嫌だ。
ギリギリまで下げて、今までの詫びをいれてもらいたい。
ヤクザ商売もいいところだ。

世間では、賃貸が得か購入が得かなんて質問があるけど、入居者の努力ではどうしようもない事実がここにある。
ガスも電力も、部屋の設備を自由に変えることもできない。

不自由な上に搾取対象だ。

これでもまだ賃貸が得といいますか?
”なぜ”を考えない人
別部署で起きたトラブルだが、アドバイスが欲しいという相談を受けた。
とあるトラブルが発生して、原因らしきことを別の人から言われたので、それを客に回答したいけど、それが何を言われたのかわからないから教えて欲しい、と。

ところが、私はそのシステムを担当しているわけではないので、さっぱり質問の意味がわからない。
その人から聞き取りをしても、その人自身がシステムをわかっていないため、こちらの回答に答えられない。
しょうがないから、単純に考えたことを言ってみたけど、思うような答えをあげられなかった様子。
これが私の限界だ。
システムを知らないのだから。

しかし、システムを知らなくとも、トラブルシューティングのやり方はあまり変わらない。

原因らしきことを言われた。
それがなぜ、そういう風に言われたのか。
まず、ここから考えなければならない。

この人の場合、”なぜ”がない。
言われたことを、そのまま客に回答することが仕事だと思っているから、システムを理解することなく伝えようとするから、わけのわからない相談と、不十分な回答を得るという結果になる。

どうしてこうなるのかが一番大事だと、以前この人に言ったことがあるが、結果は別方向にキレただけ。
その時点で私の中ではこの人は終了。
考える訓練を全くしてこなかった結果のこの人で、これからもそういう風に考える気がないのでキレたのだ。
残念だが、心機一転しなければ、難しい。

今いる連絡不備の若者も、この傾向がある。
作業を言い渡されたので、それを行っている。
ところが進捗を聞いても、何のためにやっているのかわからないので、全く違う答えが返ってくる。
ここで、教え方が悪いせいだ!とキレるようなら終了だけど、まだそこには至っていない。
至らせないようにするのも、年長者の義務だと思ってやっているが、恐ろしく要領が悪く、こっちがキレそうだ。

たかだが一つファイル作るのにも、理由がある。
その理由を考えることなしに、有用なファイルは作れない。
常に、なんでこうなるのか考えるようにしないと、成長しないのだ。

その点で、残念ながら相談してきた人は終わっている。
もう成長が見込めない。
でも、こちらがそう判断していることに気づいていない幸せ者だ。
だからこのまま適当にあしらっていこうと思う。

本来なら、こういうあしらい方は好きではない。
相手から聞き取ることも、自分の成長の一つになるし、その機会を逃すのは馬鹿らしい。

だが、たまには全く話ができない人もいるのだ。
そこは割り切って、接して行こうと思う。

そういう人種もいるってことで。
女性手帳
政府がそんなものを作成し、少子化対策にするそうだ。
どこまでいっても、なぜ、少子化になっているかの根本を探ろうとしないアホが多いこと・・・・

女性手帳が役に立たないとは思わない。
どうやったら妊娠するか、いつまでならしやすいか、妊娠しなかったらどういう治療があるのか等々、妊娠出産を望む男性にも知っておいて欲しい知識だ。
女性でも、そういう知識がない人がいるから驚くけど、生物としてのヒトの生殖機能はヒトとして知っていて当たり前にしてほしい。
そういう意味では女性手帳はいいかもしれないが、少子化対策にはならない。

産みたいと思う人が産めるようにするのが、少子化対策だ。
経済的な問題が一番大きいのだから、そこをテコ入れしたらいいのに、なぜそうならないのか。
これについては職場にいる男性が良い例になると思う。

この人は男尊女卑を非常に気にしている。
ただ、この言葉通りではなくて、会社において、男の扱われ方がひどいというのだ。
女だと気を遣われるのに、男ではストレートに文句を食らって、虐げられるというのだ。

虐げている人が女だったら、女尊男卑かと思うけど、男なのだ。
言うのも男なら、言われるのも男。
同じ男同士のやり取りが、気に食わないというのがその主張。
そして結論は女はいいよなあ、だ。

この人の中で、女は今でも十分好待遇を受けているので、社会に甘えているとしか思えないのだ。

こういう人が少子化対策を考えたら、なるほど、産まない選択をしている女性をどうにかしなきゃと思うのだろう。

残念としかいいようがない。

こういう人に言う気は全くないが、専門職(国家試験が必要となる類の職)以外の中年女性が自活できるような職に居続けるためには、妊娠出産は全く余計なもの。
新卒で就職できたら、そのまま仕事をがんばらないと再就職もできなくなるため、出産適齢期を逃す。
出産適齢期を逃すと、妊娠しにくくなるのだから、当然子供の数は少なくなる。

そうなる前に出産をと考えると、再就職をあきらめて、相手の収入に頼ることになる。
そうすると安定した職についている人以外、結婚できない。
そんな人の数は少ないのだから、当然子供の数が少なくなる。


こういう社会を作り上げてきたのは、他でもない、男、だ。
結局のところ、男にとって都合がよかったんだと思うよ。

この人は都合がよかった時代に戻りたいのかもしれないが、女をまた家庭に押し込める時代は来ないと思う。
家庭に籠りたい女はいても、そうでない女も多数いる。
性差に関わらず、人生を選択できる時代であって欲しいから、こうなってきたのだと思う。

子供の数だけを増やしたいなら、一対のペアにこだわらず、同性で子供を持つとか、精子バンクとか、いろいろ対策はあると思う。
まずは結婚相手がいなければ、子供を持てないという壁を撤廃してみたら?
生まれた後の責任をどう考えるのかという、新たな問題が出てくるとは思うけど。
スピード
先日連絡不備の若者のことを書いたと思う。
果たして、イラっとしているのは私だけかと思いきや、他の人もそうだったらしい。

他の人が半ギレしていた。。。。

このままだとバイト以下の給与泥棒だと。。。。

これに関して、私は口を挟まないことにした。
言い過ぎだとも思えない。
今まで言われたことだけをやっていれば済む立場だったろうが、これからは自分で考えて動けるようにならないといけない。
これはその試練だ。

言われて、何かしら思うところがあればいいが、それでも変わらなければ、それまでってことだ。

金を稼ぐというのは難しい。
対価として金をもらい、それで暮らすのはもっと難しい。

若者は実家暮らしで、一度も家を出たことがなく、自立したいとは言っているが、自分で考えて動けないうちは、はっきりって無理だ。

こんな風に書くと、さぞかし自立が立派な感じがするが、そうではなく、そういう暮らしができる人とできない人がいると思うのだ。
だから、向いてない人が別に無理して自立しなくてもいいんじゃないかと思うが、自立の第一歩が一人暮らしだとしよう。

一人暮らしをするには、家を出たいという強い意志と、自分でやっていくという決意と、先を読む力が必要となる。
自分で考えて暮らさないと、たくさんのトラブルに巻き込まれた上に、助けを呼べないなんてことになるだろう。

考えて動く訓練を全くされてこなかった若者が、果たしてどれだけ時間をかけたらそうなってくれるのだろうか。
当人の資質もあるだろうから、具体的な時間はわからないが、まあ、試練だな。

お互いにね。
神とは畏れるもの
最近海外ドラマを見る機会があって、暇な時にぼちぼち見ている。
「supernatural」
スーパーナチュラルという題名だけを見て、なんのこっちゃと思っていたら、”超自然”、つまり、超常現象のことらしい。
幽霊、憑りつかれた人、家、物、ヴァンパイヤ、ゾンビ、悪魔、死神などが出てきて、人に悪さをするそいつらを狩る、ゴーストハンター家族の物語だ。

中身は、ない。

ただ、日本における超常現象とは一味違うので、それを見るのがおもしろいのだ。

日本において、長年使った物は魂を持つとされ、それらは化け物になるとされている。
恨みぬいて死んだ者の魂も、木や石に宿って、生きている人に害をなすことがある。

だが、西洋では物には人の恨みがこもったために、呪われた道具となり、恨みぬいて死んだ者の魂は家に憑く。
呪われた道具は後世に渡って呪いをふりまき、朽ちることの少ない家は呪いの館として存在し続ける。

日本の事情とは異なる点だ。

また、私は特定の宗教を持たないので、かじった程度のキリスト教しか知らないが、7つの大罪なんか非常におもしろい。

「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憂鬱」、「憤怒」、「怠惰」、「虚飾」、「傲慢」

これらを7つの大罪と呼ぶのだが、どれもこれも人が最初から持っている性質だ。
それらをうまく隠して生きるのが、人だ。
持っていることが罪なのではなく、露わにすることが恥ずかしいものだと私は思う。

ドラマでは悪魔にとりつかれた人間がゴーストハンターに殺されるのだが、悪魔を退治するためにただの殺人になっている。
西洋的には悪魔に憑りつかれる隙を持った人が悪いってことか?

うーん。。。。

こんなこと考えながら見ると、単なる化け物ドラマでも結構楽しい。
暇がある方はどうぞ見てみてください。
どのようにすればいいのか悩むこと
今の職場には今年社会人になったばかりの、いわゆる新卒君たちがいる。
新卒なんて本当に何も知らなくて、びっくりすることが多いのだけど、きっと自分だって最初はそうだったろうと、こんなもんかという気持ちで接している。

学校でMS系の資格を取得していたりするのだが、これが実用レベルとは言い難い。
会社で通用するレベルのファイルを仕上げるのに、何度もやり直させなくてはならないのだ。
でも、今までそういう要求をされてこなかったのだから、こんなもんかと思う。
そこらへんはこれからその要求に応えていってくれればいい。

だが、遅刻の連絡がないのはまずくないか?

人と待ち合わせて出先へ向かうのに、時間過ぎても連絡一つ寄越さないってどうよ?

待ち合わせについては、携帯世代とかなり事情が異なると以前聞いたことがある。

私の世代では、待ち合わせの場所と時間を最初に決めて、それに間に合うようにいくのが当たり前だったが、携帯世代になると、待ち合わせ場所も時間も決めないのだそうだ。
とりあえず遊ぶ場所に行ったら、携帯で連絡を入れて、それから合流するのだそう。
場所も時間も決めていないのだから、遅刻もなければ迷うこともない・・・・

これ、プライベートだから好きにしたらいいわと思うけど、ビジネスでは困る。

客先に訪問する時間は限定されているし、遅れた奴は交通手段を失うし、来ない奴がバカで終わらせられない。
こういう奴は一緒に働くの勘弁してくれと思う。

連絡すら寄越さない奴は、当然のごとく携帯も電源OFFで、連絡がつかない。
本当に、勘弁してほしい。

実は、今回の連絡不備の若者は、他のシーンでもかなり、ヤバい。
どうしてそんな間違いを?というところで間違うし、電話を受ければ何言ってるかわからないし、言われたことに対し、すぐに反応できないのだ。

多分この人の特性なのだろうから、他の人と同じような接し方では、到底使い物にならないだろうと思われる。。。。
接し方を考えてやらないと、かなーり厳しい。

だけど、すべてのシーンでわけのわからない話になるのかと思いきや、雑談は結構普通なのだから、この仕事がとことん向いてないせいだと言えないこともないけど、そんな風に見限るのも速すぎる。

まあ・・・・イラッとするシーンもかなりあるけど、私のイラつきも受け止めて、がんばれやと言いたい。
Copyright © 2017 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。