いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末行事をすべてあきらめるの巻
本当ならば、収穫した黒豆でおせち料理を作るつもりだった。
年賀状も、午前中のうちには出そうと思っていた。
電燈の笠くらい拭こうと思っていた。
カーテンも洗いたかった。
犬と一緒にのんびり散歩する予定だった。

いろいろ予定していたが、朝から洗濯と掃除機をかけ、食糧の買い出し&軽い散歩で終わってしまった・・・(いつもの週末の過ごし方と何ら変わりない)
そして、未だに年賀状は出来上がっていない。

料理の買い出しも、おせち料理とは何の関係もない普通の食糧で、TVもないし、全く正月とは無縁な感じがいただけない。
昨年はがんばって作ったおせちだが、今年は気力がないため、パスした。
花くらい飾ろうかとも思ったが、面倒になってしまい、これもパス。

そんなこんなで着々と2012年は過ぎ、とっとと2013年がやってくる。
来年は果たしていかなる年になることだろうか。

それでは皆様、よいお年を。
スポンサーサイト
無事終了
今年の作業は無事終了した。
悪運が強いというか、何というか・・・・

というのも、トラブった時に簡単にリカバリできるよう、事前準備を行っていたのだが、その一部にミスがあり、事前準備がムダだったってオチがあるのだ。
結果、何事もなく終了したが、しばし落ち込んでしまった。。。

昨日の準備の手落ちに。。。。
そのためムダになってしまった準備時間に。。。。

多分これだろーという安易な考えが間違いの元だった。
ちゃんと調べりゃよかったのに、肝心なところで手間を省いてしまったのだ。
自分にがっかりだ・・・・

今回の失敗は、結果として失敗に至らなかったけども、肝に銘じておこう。
まだ手抜きしていい場所がわからないのだから、嫌になるくらい慎重に、と。

もう一つ、まさかと思っていたけど、案外本当のことかもと思ったことがあった。

同年代の知人に、いまどきの若者は、待ち合わせ時間も待ち合わせ場所も決めないのだと聞いたことがある。携帯を持っているから、時間も場所もあらかじめ決めておく必要がないのだとか。
携帯のない時間を長く過ごした私などは、この話を話半分に聞いていた。
それに、遊びのシーンだから、こういうアバウトなことでもいいのだとも思っていた。

だが、これはビジネスシーンでも、有り、な話らしい。

本日の作業を一緒にやる予定だったいまどきの若者は、仕事の待ち合わせ時間をはるか過ぎても連絡を寄越さず、こちらから問い合わせてようやく応答し、迎えにいったら行ったで、その場所にはおらず、自分で勝手に来ちゃいましたーって。。。

こいつに関し、ウザいと思うシーンはちらほらあったが、決定打となった。
私の中で、信用も信頼もなくなったわ。

ミスならば本人に自覚があるから直せるだろうけど、こういう習慣的なところは修正が難しそう。
だが、ちゃんと連絡しないために、こちらが迷惑を被ったと言ったので、その気があれば修正してくれるだろうか。

とりあえず、待ち合わせ事情については、信用できないということだけが判明した。
携帯電話の弊害かねえ。。。。
尽きた・・・・
休日対応で本日も仕事。
4時半という早朝にも関わらず、やっほぃ!状態の犬を連れて軽く散歩し、朝飯は途中で食うことにして出勤しました。
案の定トラブルが発生し、とっとと終わる作業が1時間以上伸び、ようやく帰ったと思ったら、今度は別の場所でトラブルが発生して呼び出し。
呼び出しに応答しようとしたら、今度は会社の携帯が死にました。

朝一番のトラブルは、予想済みなのでいいのだけど、その後のトラブルについては、何でこのタイミング?と言いたくなるようなものばかり。
携帯に至っては、明日の作業にも使用するため復旧を急ぐ必要があり、今日やりたかった予定が全く片付かないまま、日が暮れてしまった。

明日もこんなんだとかなりへこむ。
しかも明日は午後の作業なだけに、トラブると日付を超えかねない。
すんなり帰らせてくれと祈るばかりだ。

大掃除、あんまりやるつもりはなかったけど、犬を洗いたくなった。
今日、犬は犬の好みの匂いを見つけたらしく、大喜びで体をこすりつけていた。
全く得体のしれない匂いを放っているのだ。
暖房として毎日活躍していたが、拭いてもその匂いが取れないため、本日の暖房のお役は御免とする。。。
くそぅ・・・
天然の暖房がぁああ・・・
個人情報保護法通用せず!
例えば、人には知られたくない個人情報があると思う。
それは年齢だったり、出身地であったり、卒業大学や結婚の有無などがある。
履歴書に虚偽記載がある場合は、戦々恐々かもしれないが、私の場合、提出した履歴書に嘘はない。

だが、なぜ、面接者以外の者まで私の年齢や卒業大学を知っているんだ?
なぜ、同僚全員にその情報が回っている?

履歴書から知り得たことは、それを利用して面接する人以外、もらしてはいけないものだろうに、すべてがダダ漏れで、個人情報保護法もくそもあったもんじゃない。
個人情報保護法は、サービス利用客の情報だけ守ってりゃいいってもんじゃないだろうよ。。。。
この分なら、私が給与いくらもらっているかもバレてそうだ。

もう年齢を気にする年齢じゃないだろうと思われるかもしれないが、私自身がそうやって年齢を自ら話す分には構わない。
しかし、私の知らないところでそういう情報が回っているということに対して、気持ち悪いと思う。

一体どこまで私の履歴書がさらされてるんだろうか・・・・・

話は変わるが、以前、応援したいと書いた同僚のことだが、ちょっとだけ撤回したい。
なぜ、あれほどまでに単語が定着していないのか、私はその原因を正しい言葉で話してないからだろうと思ったのだが、違った。
本人が全く調べようとしていない。
調べずに人に聞くから、人によっては努力してないと取られ、ちゃんと会話してもらえないところがあるのだ。(ggrks(ググれカス)ってやつか。。。)

だが、その人の特性は人と対話することで定着するらしく、黙々と一人で調べたりするタイプではないのだ。
IT系の用語なんて、ググったら死ぬほど出てくる。
わからない単語がなくなるまで、ググれるはずなのに、それをやらないのだ。

うーーーーーーーん、だとするとこの仕事は厳しい。

あなたの時間はあなたの物だけど、あなたが同僚に尋ねている時間はあなたの物じゃないんだよね。

私は今できることも少なくて、暇があるから答えるけど、前任者がウザいと認定した気持ちが少しわかる。
この仕事って、結構自立が大切で、教育係がいるならともかく、わからない単語を初歩からいちいち人に聞いてちゃ仕事が進まないわけだ。
入ったばかりの新人というわけでもないとこが、また、ポイントで、何でこんなに何も知らない、できないの?!という評価になるのも仕方ない・・・・

それでいて、目標は結婚してさっさと仕事を辞めることって・・・・・がっくり。
ほんじゃあなたのその席を、次のやる気のある人に譲ったらと言いたくなる。

遅かれ早かれ、ついて行けずに辞めると思うけど、私の周りにはいないタイプなので、観察し甲斐があることは確かで、どっかにとっかかりを見つけて、食らいついていくなら応援するし、辞めるなら若いうちに結婚相手見つけて欲しいとも思う。

しかし、会って二回目の私に恋愛を語る人もびっくりだ。
だが、すまない。
今、私そういうフェーズからはとんと遠ざかっていて、話聞くくらいしかできないわ。
最近の恋愛事情もさっぱりなんだよね、ごめんね。
人生の幅みたいなもの
今の現場には28歳の若者がいる。
この若者と話をしていると、自分と人生のポイントが全然違うことに気付く。

私は割と海外旅行が好きなので、金を貯めてはそれに使ってきた。
そのため、行ったことのある国は10か国を超えている。
国内に至っても、それなりに行っている。

一方、この若者は、まず、パスポートがない。とったこともない。
私がこの若者の実家のある県に行ったことがあるというと、かなり驚く。

本人は休みの日は家にじっとしている方ではないらしいが、行くところは近所のゲーセンで十分なのだそうだ。

どこに金をかけるかのポイントの違いなのだろうけど、雑学の多さについては、私の圧勝。
ま、人生それだけ長く生きてるってのもあるけれど。

別に海外に行けと言っているわけではない。
だが、出張などで利用する人も多い県の名産品くらい、誰でも知っとるわと言いたい。
その若者は、自分の基準が極狭であることに気付いただろうか・・・

しかし、今の現場ではこういう若者が少なくない。

別に業務にはちっとも関係ないし、食い物のことなんぞどうでもいいのだが、雑学が豊富だと世間話する時に楽なんだよね。
いわゆるコミュニケーション力ってのは、こういうところも含めたものだものね。

この若者と話をするのは、いい経験になりそうだ。
相手もそう思ってくれるとなおヨシ。

ブレイク終了。
さあ、勉強しよう。
今年の総括
毎日の勤務時間が7.5時間と短いおかげで、祝日を休むと給与からその分控除されてしまうという状況にある。
当然のごとく、イブでおっそろしく寒い本日も勤務でした。
ちなみに今週は日曜まで連続7日間勤務となります。
しかも、日曜の作業次第によっては、徹夜も待ってます。
でも、これだけ勤務しないと最低就業時間をクリアできないってのだから、なんだかなあ、な感じです。

年末なので、平日の作業があまり発生しないのだが、サービスを停止している間の作業というのが発生するため、土日出になってしまうのは致し方ない。
そういうサービス業だからね。

しかし、今年は大変だった。
就職活動も気が狂いそうだった。
その一方で無職も楽しんだ。
時間があるようでない無職生活は、なるべくならもう繰り返したくないけど。

無職の頃から続けてきた資格の勉強だが、限界だと叫びながら、短時間だけど毎日続けてきたものが、ようやく実りつつある。
ソレなんデスかー?状態から、一歩進んだ。
でもここまで来るのに長かった。
私は受験向きの性格じゃない、本当に。

そういうわけで、大変だったけど、振り返ってみれば良いことで締めくくられたと思う。
嫌な現場とは手を切れたし、たっぷり本も読めたし、再就職もできた。
資格の勉強にもめどが立ちつつあるし、黒豆はいびつながらも収穫できた。
押入れの整理が進んだし、粗大ごみの処分も済んだ。

何より犬は元気で、人は体重計が判断するに23歳の健康体だ。
少々休みがなかろうと、乗り切れるだけの気力と割り切りがある。

うん。
いい年だった。

社会的には憂える材料がたくさんあるけど、個人的には良かった。

残りわずかな2012年をがんばって乗り切ろうと思う。
美辞麗句
美辞麗句という四字熟語があるわけではない。
意味は言葉を美しく着飾ったり、巧みな言葉を並べ立てたりといったものだが、ビジネスシーンで使用されると、悪しき物をカバーするために使っているような気がする。

稼ぐということは、美しいことだけではない。

今の私の状況は契約社員だ。
契約期間働いて、期限が来たら辞めるか、辞めさせられるかの2択しかない。
そういう社員は自分に都合の良いことだけを考えていればいいと思う。
会社の行く末なんぞ、どうでもいい。

もちろん、会社がなくなれば困るけれど、契約期間が切れるのと、何ら変わりない。
だから会社への愛着もない。
その会社の偉い人に対し尊敬の念もない。
その職場がなくなるか、存続するかだけは気になるけれど、”会社名”なんてどうでもいい。

派遣社員も似たようなものだろうと思う。
その職場で働き続けられるかだけが問題であって、中間マージンなどは気になっても、派遣会社なんてどうでもいい。

このような非正規社員の本音を、正社員はどれだけ組んでいるかわからないが、正社員の本音はどれだけ長く今の契約形態で働き続けてくれるかだけが問題であって、会社への忠誠心なんぞは期待していないと思う。
だが、私が老獪な人なのかもしれないが、20代の契約社員と話をしていると、都合よく利用されてんのかなあと思うことが多い。(30代の契約社員はかなり割り切っている)

契約社員はいろいろな契約形態があるが、1か月の就業時間が決まっている場合、土日祝日真夜中勤務しても、手当てがない。
時給換算だった場合には、時間外手当というものがあるが、勤務時間で契約している場合にはそれがない。つまり限度いっぱい働かせ放題になる可能性がある。

私は下限ぎりぎりで調整しようと思うが、他の人に迷惑だからと限度いっぱいでやってる若い人を見ると、そんなに自分ひとりでがんばらずとも、他の人もいるからどうにかなるよと言ってやりたくなる。
その人が、技術を覚えて転職先で有利に働かせるためにやっているならいいのだけど、そうでないなら止めとけと思う。

私は金のためだけに働くのが目的だけど、この会社で活躍できるよう今の現場で何でもがんばります!という姿勢は崩さないでいく。

もちろん美辞麗句だ。

言わなくても解ってると思うけど。
負けるなー(かつての私の姿への応援)
全く新しいことをやり始めてから、4週間が経過しようとしている。
手順書やらすぐに尋ねることができる人たちが側にいるため、作業も順調にこなしている。
今までやってきたこともプラスされ、このまま慎重にやれば大丈夫という確信を持つようになってきた。

多分、私は恵まれているのである。

かつて、何もわからん状態で現場に放り込まれたこともあり、誰に何を聞けばいいのか、単語もよくわからん、自分がよくわかっていないため質問が通じない、などなど、数々の冷や汗と恥を忍んできた。
就業中、ググってはいけないというルールもなかったから、わからない言葉は徹底的に調べ、手に汗かきつつ知っているふりをしながら、どうにか会話を繋いで、どうにかこなしてきていた。
それに比べたら、今の状況は大変恵まれている。

が、かつての私のような状態になっている同僚が約一名・・・・
異なる拠点に一人で送り込まれている人がいるのだが、最近そこに赴任したというわけでもないが、知識も言葉も定着していない。
多分、正しい言葉を使って、会話をしていないから定着していないのだと思うのだが、実に気の毒だ。
自分がどうにかやってきたんだから、その人だってできるはずだと言う気はさらさらない。
人にはそれぞれのやり方がある。

だから、ただもうがんばれよー、としか言えない。
とにかくプレッシャーにつぶされんなよー

かつての私を、多分友人らは応援してくれてたと思う。
その人は友人ではないけれど、私を応援してくれた世間への恩返しとして、その人を応援しよう。

といっても、経験も日も浅い私ができることなんて、なんもないけどね。
必要なら悩まない
今回の職場は土日祝日対応のあるところだ。
前のところもあったけど、日曜は休みがほぼ確定していた。
年末年始の作業もあったけど、大人数はいらなかったし、作業場が少なかったのでゆっくり休むことができていた。

しかし、今度のところは違う。
日曜にも祝日にも年末年始にも作業がばんばん入ってくる。
今年は就職したてということもあって、できるだけ対応しようと思っているが、月曜から日曜まで、出ずっぱりという週があり、結構せつない。
代休があるかといや、月の就業時間でカウントされるため、それがない。

まあ、昨今の8時間勤務ではなく、7.5時間勤務の元々少ない時間で、残業もほとんどないから毎日気分は楽なんだけど、今年の帰省はあきらめることにした。

で、ネット環境を見直すことにしたのだ。

なぜならADSLだから。

40Mの契約なのに、雑音だかインターフォンのせいだかで、全くスピードが出ない。
NTTの収容局から5キロほど離れているというせいもあるが、youtubeですら重い。

で、光ファイバーにしようかと思い、とりあえず申し込んでみた。
なぜなら、以前このアパートは光が使用できるという話を聞いていたからだ。

ところがですよ、もう、びっくりですよ。

これがまるっきり嘘だったらしい。

確か、このブログにも書いたと思うが、光が使えるようになったとNTTの営業が来ていたのに、NTTに調べてもらったら、そんな工事はこれっぽっちもしていないときた。
で、アパートだけど、戸建回線になるという。

戸建回線は高い。
部屋数が少ないから、マンションタイプでも高めのやつだと覚悟していたけど、それよりさらに高い。
で、どうしようかと悩んでいる。
通信費にあまり金をかけたくないというのが本音で、固定費として増えるのは有りえないのだ。
スマホをガラケーにしてしまえば、とりあえず今の通信費の値段と変わらなくなるけど、はてさてどうしようかという感じなのだ。

今までは動画に全く興味がなかったのだけど、TVもないし、動く人が恋しくなったのだ。
レンタルビデオを借りることも考えているけど、手軽さはネットの動画に限る。

必要不可欠でないから、悩みどころなのだ。
とりあえず後数日、悩むことにしよう。
寿命のもの
一人暮らししてからずっと使用してきた電子レンジ、とうとう逝ってしまったようだ・・・

発端は食パン。

いつも通り焼いたところ、黒焦げになった。。。。

2年ほど前からレンジ機能の一部が不具合を起こしてはいたけれど、そこを封印して使用する分には問題がなかったため、どうにか使ってはきたのだが、ただのトースト機能が利かなくなるようでは、もう、厳しい。
あんまりやると事故になりそうだ。。。

もちろん、2年前のレンジ機能が死んだ時、ヨシ、オーブンレンジを買おう!と決心していたのだが、まだ使える~でここまで伸ばしてしまった。
でもさすがにもう、寿命だろう。

で、新たに購入したのだが、今月はそういう買い換え対象が多くて支払が恐ろしいことになっている。

物が壊れる時は一気に壊れるとはいうものの、毎日着続けるフリースなどは、4年くらいが限界らしく、先月買い換えたばかりなのだ。
メーカーのものだからここまで使えてきたのかもしれないが、購入時は結構な値段で、安いブランドの3倍くらいはしている。

毎年買い替えるのが面倒だし、気に入ったものを使い続けるのが好きなので、安いブランドは選ばない方針だが、こうもあちらこちらで買い換えが発生すると、財政的に痛い。
かといって、安いものを買う気がしないのだ。
そこらへん、ブランドに対するこだわりなんだろうね・・・・
基本的に、考え方が贅沢なんだろうが、譲れないねえ。

物を売る路線というのは、”安いもので回転よく”と”高いもので長く”とあるけど、私は圧倒的に後者の買い方をする。
高いものといっても、安すぎないものという買い方だけど、次に同じようなものが手に入らないとわかっているから、敢えて高いのを選ぶのだ。

そこに、メーカー希望小売額や、現金値引きや、特売は考慮に入らない。

自分が欲しい機能があって、手に入れやすくて、丈夫で長持ちしそうなものを選ぶだけだ。

今「あなたがお金で損する本当の理由」(長瀬勝彦)を読んでいるが、常にこの本に書かれているようなことを考えながら生活していることに気付く。
損をしないよう、しないようと気を付けているが、そうやっているとあまり金を使わなくなってくるのだ。
これでは経済は回らないだろうと思うのだが、一緒に交友関係も減ってくる。
人間関係は損得の問題じゃないとわかっているのに、考えがよぎる。

いやらしい、と思う。

金に対してどう向き合うかはとても難しい問題だ。
人間関係に対しても同じだと思う。
ほどほどの距離を保つのは、技だと思う。
優れている人と下手な人と。

まだまだ人生、課題が山積みだ・・・
あっという間の2週間
正確にはあと一日あるけど、2週間が経とうとしている。
少しずつ単語や会話やペースに慣れてきてはいるものの、やはり帰ってくるとぐったりだ。
だけど、少しでもいいから資格勉強するという決め事のもと、毎日やっていると、おもしろいことに何やら業務で流れているメールの内容になじみが出てきた。

こういう資格というのは、結局、慣れとなじみ、がでかいらしい。
英語と同じだね。。。

一方、英語はさっぱり進みませんよ。
もはや手を出す気にもなれない。
海外ドラマを見て、なじみを深くしようかとも思ったが、今はそこまで手が出ない。
時間的な余裕がない。
またそのうちに、だ。

しかし、もう年末だ。
年賀状の用意をしなきゃならないが、そういう雑用が週末に集中してしまい、本を読むひまがとんとなくなってしまった。
もちろん、工芸をやっている暇なんてあるわけがない。

まだ生活のバランスがうまくとれていないのだ。
今は傾いていてもいい期間としよう。

焦らずに、ゆっくりと、確実に。

作業の合言葉でもあるが、自分の生活にも実践しようと思う。
ひとり、そしてまたひとり・・・
こんな日もあるらしい。

面接時に忙しさ具合を伺った限りは、資格の勉強する暇がとれそ~だな~、だった。

だが、本日、誰の呪いかわからないが、あらかじめ欠ける予定だった人数に加え、さらにまたひとり欠けてしまい、ほぼ何もできません状態の私と、ベテランのみになってしまった。
電話はなるし、とってもいまいち意味がわからないままベテランに伝言するだけの私に、一体業務の何が手伝えるってんだろうか。。。

大体先週やったこと以外できないんだがのう。。。

猫の手も借りたいほどのめまぐるしさだったが、伝言を伝えることや先週やったことくらいは処理できるため、猫の手よりはマシだったろう。
それに、ペースはゆっくりだが、とりあえず先週やったことを一人でやりきり、ようやく作業が定着しつつある。
また、うっかりも出てきたので、そこを抑えるようにしっかりメモった。
明日以降はきちんとできるだろう。

新しい作業を覚えるのに、年齢が関係あるかといったら、どうだろうか?
覚えやすさというのはあまりない。
今までの経験がプラスになっているとは思うので、年齢がいっても、新たなことを仕事としてやっていけるような気はする。

ただ、今までは問題解決まで自分で持って行ったのに対し、今度の職場はそれがない。
ないというのは言い過ぎか。
問題解決の範囲が非常に狭いので、その道の経験のみが役立ち、応用がいらないと言う感じか。

私がどのくらい使い物になるかは、まずは1か月見ていただくしかない。
その頃にはどうにかなっているということを信じて、明日もまた新たな作業にチャレンジだ!
資格の勉強
あっはっは。
笑っちゃうほど何も進みません。

仕事初めてすぐは、どちらにしろ余裕がないからできないだろうと思っていたけど、週前半まではなんとかやっていたが、後半になってからはアウト。
資格の勉強は仕事の延長のため、疲れて家に帰ってるから扱う気がしない。

犬と散歩して、飯食って、ネットを少しやっていたらあっという間に12時だ。
寝ないと次の日起きれないので、無理せず寝てしまう。
健康的といや、健康的かもしれないが、勉強が全く進まないことこの上なし。

そして、逆恨みの感情が出てくる。。。。

そもそも、資格のための資格であって、業務なんかまったく関係ない。
ゆがんだ成果主義の申し子みたいなもんで、いくら業務ができようと、資格がなければ評価しないって、おかしいだろう。

ここのところだけは、本当に納得いかないのだけど、この現場にいたいならやるしかないってことで、続けているようなもんで、評価のためのモチベーションは皆無である。
評価されなくていい。
ただ、クビになると困る。
仕事を維持するために必要不可欠なので、しょうがないよなあ。。。。

だが、どこまでいっても後ろ向きだ。
週末は朝から洗濯、掃除、散歩、買い物と、やること満載だというのに、勉強という仕事まで入ってくるとは・・・・。

嫌だがしょうがない。
しょうがない、しょうがない(延々と10回ほどつぶやく)。

・・・・・さ、やるか。
Copyright © 2017 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。