いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
節電プラン
恐ろしく暑い梅雨が続いたが、本日はひと段落。
今年の夏は節電モードなのはわかっている。
わかっているが、すでにクーラーON、扇風機常時稼働の真夏状態。

巷では節電プランを立てるサイトなんぞ、ある。
私は節電している自覚があるのだけど、一応、覗いてみた。

・・・・・もうやってる、それもあれもこれも。
みんなやってなかったの?
あとやれる対策といえば、よしずを立てることくらい。

エアコンについては、もとから室温を28℃に設定していて、部屋もせまいし、扇風機で冷たい空気が流れているから、結構寒くなる。寒ければ切ってしまう。

冷蔵庫の設定を「強」から「中」に変える →とっくの昔に変えてある

扉を開ける時間をできるだけ減らす →冷気が逃げるから当たり前に実行

食品をつめこみすぎないようにする  →一人分だもの、元から少ない

日中は照明を消す →私、昼間、不在。在宅でも昼間は照明つけないよ。

夜間も照明をできるだけ消す →部屋の電気は一か所しかつけない主義

ウォシュレットのトイレじゃないし、コンセント類は、すべてスイッチ式のものになっている。
常時稼働のもの以外は。
炊飯にしても、面倒だから一度にたくさん炊いて、小分けにして冷蔵してる。
テレビはつまんないから、特定の番組以外見ないし、がんばって見ても、一日3時間がいいとこ。
当然、主電源OFFです。

そもそも不安定生活者で、湯水のごとく電気を使う人なんていない。
最低限の生活を営むとなると、節電プランで行う項目は、すでに実行済みだ。

昨年は、暑すぎて私も犬も体調を壊した。
今年はそれを防ぐため、少しでも暑いと思ったら、さっさとエアコンつけている。
熱中症なんかで命は落とせないし、病院にかかるのもムダだからだ。
さて、節電の夏、どうしようか。
スポンサーサイト
ひとつの経営方法として
以前、カンブリア宮殿で見た時に面白い経営方法をしている会社だと思っていた。
そうしたら、その会社の創設者が本を出しているとのことで、読んでみた。
「会社にお金を残さない!」(平本 清 著)

この人の経営はおもしろい取り組み方だと思う。
内部留保をなるべく残さず、客と社員のために使い切るというのは、実におもしろい。
一般社員と経営社員とに分かれているらしいが、一般社員においては、パートであろうが正社員であろうが、拘束時間だけの違いで、賃金が同じというのもおもしろい。
これには全面賛成。
同じことやってるのに、賃金が異なるのはおかしい。

だけど、同じことやっていて、処理能力が倍違っていても、賃金は同じ。
誰かがカバーしても、賃金は同じ。

これで不満が出ないのだろうかと思い、考えてみた。

・その仕事が好きで居心地がいいから動きたくない
・ある程度の給与をもらってるから文句ない
・自分もそうなった時にカバーしてもらえると思うからやれる時にやる
・処理能力が劣る訳を考えて次の開発のステップアップにする

私が思いつくのはこれくらいなのだが、他にもきっとあるのだろう。

私は農業にチャレンジしようとしたけど、暮らしていけるかわからない売上、自分が倒れたら終わり、開発にかける資金不足、地主の意向ひとつで土地を追い出される、と、まあ、正反対の結果が得られた。
それでも好きならがんばれよ!というのが、先輩らの意見・・・・
人間的魅力がある人物だったなら、仲間を増やして起業するまでこぎつけたかもしれないが、私にはない。

この著では、人間的魅力のある人材を採用するともあった。
その判断として、採用時に恋人がいるかどうかを問うという。
誰かを惹きつけられる人は、接客業として有利だからだとのこと。
なんて安易な判断材料と思わずにはいられないけども、これで成功しているのだから実績有りだ、接客業においては。

この会社の方針で素晴らしいのは、会社が会社を向いてないことだ。
変な言葉だけども、会社は何のためにあるのか、ということをちゃんと考えているのだと思う。
会社名を後世に残すためでもなきゃ、株主様のためでもなく、役員や社長のためでもない。
物を買ってくれる客と、そこで働く社員の方へ眼が向いているのだ。

居心地良く働けるなら、社員は仕事だけに精を出せるし、それは客への評判とつながる。
居心地良く働かせるために、会社はあるのだ。

ドラッカーみたいだな。

今の現場も、その前の現場も、そのずーーーっと前の現場からも、このような心意気を感じることは全くなかった。
安く人を雇い、安くあげるために偽装請負を行い、派遣を多用し、客には金額だけで勝負をする。

IT会社は、どこもそう。

契約が切れたらさようならの現場では、人は育たない。
適材適所もあり得ない。
給与の格差は能力ではなく、会社名。
一次請けが一番取り分が多く、どんどん下がるにつれ、モチベーションも下がる。

モチベーションの下がった若者が、日本の未来を担うのかと思ったら、恐ろしくなる。
どう考えても、年下の者が年上の面倒をみる羽目になるってのに。。。

話が逸れたけども、この会社はとてもおもしろいことをやっていると思うのだが、とても働こうとは思わない。
なぜなら、私は販売接客業が好きではないからだ。
ああ、残念。
どこへ?
もうそんなに珍しいことじゃないから驚かないけど、よくもまあ、自分が関わる今後の予定について無視でいられるのか。全体を眺めて仕事しないと、後々面倒なことになるって思わないのだろうか。想像力の欠如だろうか。
わからんなあ。
こいつら、どこへ向かいたいんだろう?
いや、向かおうと思ってない気がする・・・

今のバイトだけど、いろいろな意味で少々煩わしくなってきた。
内容的には、他のバイトへのステップアップにはなりそうもないし、もう少し続けるかと思っていたが、どうやらこのバイトの口そのものがなくなりそうな勢い・・・・
おまけに仕事内容が変わっても、何のかんのと今までのと結び付けられて、時給アップも望めない。
次のバイトを探してはいるものの、今のところが踏み台になりそうになくて、以前のような自信が持てない。
これが一番痛いかもしれない。

私は、見事なまでの不安定生活者で、半年先の生活が想像できない有様だ。
しかも、あと数年経ったら社会排除されるだろう年齢で、ふと考え込むと不安で仕方なくなるのだが、犬が私を押しとどめてくれる。
本当に、私は犬がいなかったら、この世からとっくに去っていたに違いない。
感謝してもし足りない。

今週はずっと頭痛がとれない。
休めと身体が言っているのだろうか・・・・

いいさ。たまには落ち込むことだってあるさ。

だから今やれることをやろう。

考えられない半年先の事を憂えるなんて、つまらない。

犬を見てみろ。

こいつら、前しか向いてない。

私は犬を見習って、前を向いていくことにしよう。

大丈夫、絶対犬は私の側から離れないから。
窓開けて扇風機
28度設定のクーラーは、全然涼しくない。
それくらいなら窓開けて、扇風機まわした方が全然マシ。
だが、アホなことぬかす奴はいるもんで、窓を開けると、風で書類が飛ぶから嫌だと主張するのがいる。
そもそも、書類が飛んでしまうような状態であることがおかしい。
片付けろって話だ。
前提が狂っていると、話が通じない。
こういう輩と働くのは疲れる。

また、別の輩で、ガイガーカウンター購入希望の話も出ていたが、よくわからない。
話は洗濯物を外に干さない、というところから始まったのだけど、確かに、子供を持つ人の不安さはわかるけども、外に洗濯物を干すかどうかは、関係ないだろう。
放射性物質を取り扱う時は、専用の服を用意し、施設以外ではその服を着用しないなどの措置がいる。
だが、当然ながら外から帰宅した人の服は、家の外で着替えるわけでもなく、ものすごく中途半端な取り扱いで、逆に不安にならないのだろうか?
洗濯物を外に干さないことで、心が安らぐのであれば、とことんやってくれと思うのだけど、ガイガーカウンターが売り切れのため購入できないという話を聞いて、さらに疑問符が・・・・

ガイガーカウンターとは、つまり、放射線量測定機だ。
そこに、放射性物質があれば、放射線量のレベルをみることができるってものだ。
放射性物質があるかないかだけが、わかるものだ。

私は放射性物質があることに対し、そこまで神経質に怖がることはないと思っている。

ただ、その放射性物質が何か、ということは、非常に気になる。

当然だけど、ガイガーカウンターでは成分分析はできない。
事故で、これから問題になってくるのは、その放射性物質が、どのくらいの間、環境に影響を及ぼすものなのかということだ。

例えばストロンチウム90。
これは骨に取り込まれる。
簡単に言うと、白血病の原因となる。
半減期が28.8年。
警戒すべき物質だと思っている。
そこらへんにこの物質が大量にあったら、大問題だ。
摂取してしまうと、カルシウムに似た物質だから体内に取り込まれてしまい、内部被ばくの原因となってしまう。

放射性ヨウ素も、セシウムも、もちろん体内に蓄積すれば大問題だが、放射性物質は、それぞれ性質が異なっており、取り込まれ方も排出され方も異なっている。
当然ガイガーカウンターでは物質を見分けられないから、わざわざ買うべきものなのか、ちょっと疑問なのだ。

放射性物質に関しては、ある、なし、が問題基準ではないと思う。

何があるのか、が問題だ。

ラドン温泉って聞いたことあるだろう。
これ、放射線をわざわざ浴びる温泉。
レントゲンだって、ガンを退治する治療だって、放射線を使う。

何だったら利用できて、どのくらいなら影響が少なくて、何だったら警戒しなきゃならないのか。

私らは全員、知らなければならない。

ちなみに、加工食品に発がん性物質が含まれていることは、昔から言われているけども、毎日摂取するこちらが無視のはなぜだろう?
ガイガーカウンター購入希望のその人は、そんなの全く気にならないとのことでした。

うーーん、そもそも前提がずれてるか・・・・
理解しがたいタイミング
最近ハァ?な事が多いけども、たかだか私と他人の認識の違いくらいだったが、内閣不信任決議案提出ってナニ?!
何を今さら?あんたら何がしたいの?どうしたいの?
菅は確かに総理大臣の資質として疑問を持つ部分があるけど、じゃあ、誰が後釜やんの?
菅以上の何かができる人いないでしょうが。
お前らみんなどんぐりの背比べなんだよ!

久々にお怒りモード。

国民はみんな冷めている。
強烈なかじ取りを政府に期待しちゃいないのだ。
くだらない政党の争いなんか、被災した人らに見せないでくれ。
失礼にもほどがある!

お前ら、この国をどうしたいんだ!!!!

さっぱりわからん!

まだ原発事故は終息してないぞ!

補償も復興もまだ何も進んでないぞ!

まったく、どうしたいんだかさっぱりだ。

まずは国民に示せ。

自分らは何をやりたいから、内閣を解散させようとしているのかを。

すべての話はそれからだ!!
このボケどもが!
仕事せんか!!!
Copyright © 2017 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。