いろいろ考えることを止められない、不幸脳の戯言。
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »04
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自殺が多い社会は異常である
しばらく放置していたら、珍しくコメントが入っていた。
天然の次は、非常識か。

匿名者に何を書かれようが、私自身はなんにも変わらないし、考え方も変わらない。
だけど、この人物は年間3万人の自殺者を肯定するのかと思ったら、うんざりした。
こういう人物が多いからこそ、自殺予防デーくらいにしか、自殺数が問題にならないんだよな。
異常だ。

だが、私は若い頃、自殺は自己責任の最もたるものだと思っていたことがある。
自殺を選ぶのは、その人が弱かったり、考えたらずだったり、浅はかだからだと思っていた。
これは私があまりにも世間を知らず、世の中が見えず、無知だったからだ。

自殺というのは、当人だけの責任で起こるとは言い難いのだ。
周りからそう思い込むよう追い込まれている節もあり、積極的に所属から追い出して居場所をなくされることもあり、最終的に選んだ結果が、自殺。
そんな風に感じている。

大体、自殺なんかそう遠いところにあるもんではない。
いつ、自分がそれを選んでもおかしくない。
なぜなら、今の社会は一歩普通と呼ばれる道を外れると、社会排除が待っている。
たとえある一定の社会から排除されても、また別の社会を見つければいいのだが、自殺を選ぶような人は、別を見つけられない。見つける暇も得られず、坂を転がり落ちていくのだ。それもつるつるの坂・・・・

どう考えても、人生てのはおそろしく辛いことだらけで、安楽死法案でもできないのかと思うこともしばしばだが、それでも、自殺する必要なんかないと思う。
誰から排除されようとも、自分は自分自身を排除する必要はない。
捨てる神あれば拾う神あり、だ。
私のこれからの目標は、拾う神になること。

なれるだろうか・・・
がんばろう、そのために。
スポンサーサイト
Copyright © 2017 雲のすきまから. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。